【肩こり】その原因はストレスかも?解消方法は?

肩こり原因
現代人にとって身近な症状の1つに肩こりがあります。一般社会の中ではストレスを感じることが多く、それが原因で肩こりに繋がるのです。
[adsense]

スポンサーリンク

肩こり、ストレスが原因の場合

肩こりになる経緯はストレスによって筋肉の緊張や血流が悪化するためです。

人間には体と精神の興奮に関係している交感神経と、体と精神を休ませる副交感神経があります。交感神経と副交感神経が正常に働いていれば、夜も深く眠ることができます。

しかし過度なストレスを感じる状態が続くと、ストレスホルモンが多く分泌されてしまいます。その結果として交感神経の興奮が長く続くために、夜になっても副交感神経が正常に働かなくなるのです。

このような状態では疲労が蓄積して慢性疲労にもなってしまいます。従って上手な解消方法で肩こりの悪循環を断つ必要があります。

ストレスによる肩こり解消方法

肩こりストレス
ストレスによる肩こりの解消方法とは、泣く・運動をする・リラックスできるアロマを使うなどがあります。

泣くことは体内のストレスホルモンを排出し、筋肉の緊張を緩和する効果があります。運動をすることは交感神経を強く働かせ、副交感神経の働きを誘発させる効果があります。またアロマを使うだけでもリラックス効果がありますが、マッサージも行うとより効果的です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする