【肩こり】 テニスボールで簡単に解消 ※たけしの家庭の医学

肩こり テニスボール
健康関連のテレビ番組が人気を集めていますが、たけしの家庭の医学という番組も、放送が開始された直後から大きな反響を呼んでいます。

日本人が悩む身体の不調として、肩こりがあります。なかなか治りにくい肩こりを、テニスボールで解消する方法が、たけしの家庭の医学で紹介されました。
[adsense]

スポンサーリンク

テニスボールで肩こりを解消する方法

やり方はとても簡単です。まず、テニスボールを用意しましょう。家になければ、スポーツ用品店などに行けば、簡単に手に入れることが可能です。

仰向けに寝た状態から、肩や肩甲骨の付近にテニスボールを入れてみて、痛気持ちいい場所を探し出し、体重をかけたまま、ぐりぐりと筋肉をテニスボールで揉みほぐすように動かします。

その後、全身の力を抜き、30秒ほどその姿勢をキープしましょう。1日に1~2回やると、筋肉のこわばりが解消され、肩こりが楽になってきます。

肩こりが楽になる理由は?

筋肉の中には疲労が溜まってくると、トリガーポイントと呼ばれる小さなコリができるようになります。肩甲骨付近にはトリガーポイントがたくさんありますので、これらの場所をテニスボールでまんべんなく揉みほぐせば、トリガーポイントが解消されるのと同時に、肩こりもなくなっていくという仕組みです。

筋トレやストレッチより負荷が少なく、お年寄りにも実践しやすい健康法といえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする