右側の肩甲骨が痛い!その原因と解消法は?

肩甲骨痛み

肩甲骨の痛みは肩こりの延長線上だと思って放置していませんか。実は肩甲骨の痛みには重大な病気の可能性があるのです。特に右側の肩甲骨の痛みは身体が危険信号を発している可能性があります。

ここでは、痛みの原因や解消法をご紹介していきます。
[adsense]

スポンサーリンク

右側の肩甲骨の痛みの原因

右側の肩甲骨

右側の肩甲骨の痛みの原因は大抵の場合、身体の疲れや右側の肩甲骨を何かにぶつけてしまったことなどが原因です。

この場合は湿布を貼ったり、痛み止めを飲んだりして、肩甲骨を無理に動かしたりしなければ一週間程度で痛みがなくなり治ります。また、単純に肩こりが原因の場合もありますが、この場合でも悪化してしまうと、偏頭痛などの原因になってしまうので早めにストレッチなどをして解消しておきましょう。

神経の病気が原因の場合も

肩こり 病気

痛みが長期間続く場合や痛み以外に手の痺れなどの症状がある場合は、神経の病気によるものの可能性があります。

肩甲骨は首や肩などと同じく脳に近い場所にあるので神経の病気の症状が現れやすいのですが、大抵の場合は神経と肩甲骨が関係しているとは気付かないのです。右側の肩甲骨の痛みが長引いた場合や手の痺れなどなどの症状が現れた場合は、手遅れになる前に早急に病院に行って診察してもらいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする