【右側】肩甲骨の痛みの原因、内臓の病気にも関連が?

右側 肩甲骨痛み
身体の不調というのは一見なんの関係もない症状からうかがい知ることが出来るケースがあります。右側の肩甲骨付近が痛むというのも、実は凝りなどとは異なる内臓の病気が潜んでいる可能性もあるんです。
[adsense]

スポンサーリンク

右側の肩甲骨の痛みの原因

右側の肩甲骨付近に激しい痛みを感じる場合には、肝臓や胆のう、十二指腸といった臓器の病気を疑う必要がある可能性があります。

また、傷みと共に手がしびれているという場合には、神経の病気の可能性もあります。まず、痛みがどのようなものなのか、痛みの他に気になる症状がないかを確認してみてくださいね

内臓の病気の前兆とは

内臓痛み 前兆
例えば、最近尿や便の色が濃く、黄色からオレンジに近いいろになってきた。掌を見た時に以前に比べてちょっと黄色みがかっている。このようなときにはすぐに内科か外科を受診してください。

肝臓や胆のう、十二指腸といった臓器は病気が進行して手遅れになるまで症状が出てこないこともあります。

特に黄色みが強い尿や皮膚といった症状は、黄疸といって肝臓や胆のう、胆道などにトラブルが起こっている証拠とも言われていますので、早急に医師の診察が必要です。原因が他に合った場合でも、決して恥ずかしいということはありませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする