【左側】肩甲骨の痛みの原因、内臓の病気のサインかも?

左側 肩甲骨 痛み
背中の上の辺りにある肩甲骨あたりが痛む!! ということはありますよね。普段事務作業が多い、PC作業が多い、スマホチェックの時間が長い。このような人はどうしても血行が悪く肩甲骨あたりが凝り固まって痛くなることがあります。
[adsense]

スポンサーリンク

実は怖い肩甲骨の痛み

でも、凝りではなく、内臓の病気によっても実は左側の肩甲骨に痛みが出てくることがあります、その内臓というのは、すい臓です

すい臓というのは病気になってしまってもなかなか症状が出てこない臓器の一つで、症状が出てきたときにはすでに手遅れになってしまっているということも多い臓器です。

膵臓の病気と肩甲骨の痛みの関係

膵臓 痛み 肩甲骨
とくに慢性すい炎を引き起こしている時には、この左側の肩甲骨付近が痛む、同時に腹部の上の方に鈍い痛みを感じる事があります。ポイントとしては、左肩甲骨でもやや下の辺りに感じる痛みです。

すい臓の組織というのは、一度壊れてしまうと元に戻ることがない臓器なんです。万が一という心配がある場合には、整形外科などではなく、外科や消化器外科などで一度相談や検査を受けるなどの処置をしてみていただきたいと思います。単なる凝りであれば問題がありませんが、万が一のことを考えると決して大げさではありませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする