背中の痛みの原因はストレス?ストレッチで治すやり方は?

ストレス 症状

背中の痛みの原因として、運動や長時間労働することで日頃使っていない筋肉を動かすことによって起こる痛みや、椎間板へルニアや変形性脊椎症、風邪で高熱出した時にも痛みを感じることがあります。ただ背中の筋肉の痛みや骨の歪みや病気による痛みだけではなく、ストレスによって痛みが発症することもあります。
[adsense]

スポンサーリンク

ストレスで背中が痛くなる理由は?

背中痛の治し方

ストレスによって背中の痛みが出るのは信じられないと思われますが、ストレスを感じた時にリラックスしている状態よりも緊張感が高いことから背中の筋肉が固まりがちになり、長時間同じ姿勢でいることによって血液の巡りも悪くなっていくことから、次第に背中の痛みだけではなく腰痛や肩こりにもなっていくのです。

ただ運動のし過ぎや骨の歪みや病気による痛みとは違い、血の巡りが良くなることによって痛みが緩和することができますので、マッサージや軽いストレッチをすることで改善することができます。

ストレッチで治す方法について

ストレッチする時にはいきなり背中を反らしたり前に倒したりするのではなく、手を上に上げて体を伸ばしたりするだけでも背中の血流が良くなり、肩や首を回すなど背中に負担が掛らない方法で動かすことによって筋肉が解れて、徐々に痛みを緩和することができます。動画を参考に、ぜひやってみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする