首が痛い、手のしびれは病気の可能性が!注意する必要が

首が痛い
肩凝りなどと同様に、首が痛いと日常的に感じている現代人は多いでしょう。

多くは姿勢の悪さや長時間のパソコン作業などが原因ですが、中にはきちんと診断・治療を受けなければ行けないものもあります。
[adsense]

スポンサーリンク

首が痛みを感じる場合は要注意

首が痛い、という人の中で手のしびれも同時にある人は要注意です。

もちろん、姿勢や体のアンバランスにより筋肉が固くなり、それが神経の出口を圧迫して症状を出していることもあります。
その場合にはまずは姿勢を正すことや運動、理学療法などでマッサージを受けることで改善していきます
ビタミン剤を飲むことも、手のしびれの改善にいいでしょう。

痛みやしびれが長続きする場合は

このような痛みが長続きする中には病気が隠れていることもあるので要注意です。

一つの可能性としては頚椎疾患です
首の骨が生まれつきくっついている癒合頚椎や頚椎ヘルニア、頚椎すべり症など、案外怖い病気が可能性として含まれています。

ただ、それがすぐにどうこうということではありませんが、首が痛く手にしびれがある場合には放置せず、きちんと整形外科を受診して病的な原因がないかを探ってもらう必要はあるでしょう。

仮に頚椎に問題があった場合、理学療法でマッサージや牽引と受けることで症状が改善することもありますし、本当に酷い場合には手術が必要なこともあります。

頚椎は生きるのに必要な大事な脳幹部が通っている所もありますから、きちんと診断・治療を受けることが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする